暗い部屋を明るくする方法【光を取り込むアイテムbest3】

太陽と緑

 

暗い部屋に光を取り込んで明るくする方法が知りたい。
窓からの光を室内に取り込むにはどんなアイテムがあるか知りたい。
暗い部屋を明るくするために他になにかいい方法はないかな~?

とお考えですか?

この記事は下記のことが書いてあります。

記事の内容
  • 暗い部屋を明るくする方法
  • 窓からの光を室内に取り込めるアイテムbest3。
  • アイテムの効果を最大に生かすために必要なこと。

 

こんにちはruruです。

私はほぼ日の当たらない古い家に住むこと20年。
しかし暗い部屋を明るくするこれらの方法を取り入れて、今は毎日快適に暮らしています。

暗い部屋は嫌厭されがちですが、きちんと外の光を取り込めれば大丈夫です。
これらの方法を試せば、きっと自分の部屋が大好きになりますよ。

Please read it!

暗い部屋を明るくする方法。

暗い部屋に光を取り込んで明るくするためには、次の手順ですすめていくのがおすすめです。

1、不要な家具を捨てる。

2、窓からの光を室内に取り込むアイテムを設置する。

3、アイテムの効果を最大に生かせる工夫をする。

 

順番に説明していきます。

 

1、暗い部屋に光を取り込むために不要な家具を捨てる。

もし不要な家具があるようでしたら処分しましょう。

不要な家具が部屋にあると壁を塞いでしまいます。
壁の色は大体が白なので家具がなくなって壁全体が見えるだけでも、外の光が反射して部屋は明るくなります。

さらに、この壁面の確保なしには次の段階へ進めませんので、不要家具の処分は必須です。

家具を処分するとなると、中の物を整理したり捨てたりと大掛かりになってしまいますが、部屋を少しでも明るく快適にするために、ここは努力してみてください。

いまは気軽に低価格で不用品の回収をしてくれるシステムが整っているので、このようなものを利用するとよいでしょう。
【くらしのマーケット】

必要な家具だけになったら、窓からの光を塞がない位置に家具を配置しましょう。

 

窓からの光を室内に取り込むアイテム3選

窓からの光を室内に取り込むアイテムとしては次の3つがあります。

・外の光を反射する鏡やアート作品
・暗い部屋の仕切りになっている建具
・窓からの明るさを確保できる目隠し

順番に説明します。

 

・暗い部屋の壁に外の光を取り込む鏡やアート作品

・鏡の設置。

鏡の反射を利用して部屋の中に光を取り込みます。

場所はなるべく窓と反対側の壁に設置します。
窓からの光や景色が鏡の中に映り込み、窓のない壁にも窓を出現させられます。

鏡 窓あかり反射

大きい鏡の方が光を取り込む効果が高いですが、壁の強度の確認や転倒防止策をしっかりと施しましょう。
最近は割れない軽量ミラーもありますのでこんなものを利用するものおすすめです。

 

・アート作品を飾る。

鏡を設置してもまだ飾れそうな壁があるならそこにアート作品を飾ります。

鏡はひと部屋にいくつも飾れませんので後はアート作品で。
その効果は鏡ほどでありませんがアートフレームの表面のカバーガラスやアクリル素材が外や室内の光を反射してくれます。

アート作品
お気に入りのアートを眺めつつ光も取り込める一石二鳥のアイテムです。

 

和室で壁が暗い場合には、気に入った明るめのファブリックを壁紙に見立てて張り付けるとよいです。

マリメッコ 生地
となりの廊下からの光を受けて部屋を明るくしてくれています。

 

・暗い部屋の仕切りになっている建具の変更

窓からの光が襖や障子で遮られてしまう場合には、建具の変更をします。

建具を変更したり工夫するだけで、部屋を仕切りながらも遠くの光が暗い部屋まで届きます。

例えば窓に設置されている障子ならカーテンに替えるなどして日中は窓全体から光が入るようにします。

またエアコンを使う時の部屋の仕切りとして建具が必要な場合は、障子の紙を透明ビニールクロスに替えたり、全く光を透さない仕切りの用の襖は光を透す建具に取り替えるといいです。

障子 透明ビニール

ここは以前は襖でしたが、障子を購入して透明ビニールクロスを張りつけました。裏でタッカー留めしています。
おかげで閉め切っていても和室の先の廊下からの光がリビングまで届きとても明るくなりました。

 

・窓からの明るさが確保できる目隠し

エアコン使用中で断熱の必要がある時以外は、カーテンを大きく開け窓全体から光を取り入れるようにします。
視線を気にしてカーテンを閉めたままですと、レースカーテンとはいえ部屋全体が暗くなってしまいます。

視線は気になる箇所だけに限定して目隠し、その他は開けておくといいです。

一番簡単なのがレースカーテンを開けて、その代わりすだれやシェードで目隠しをすることです。すだれやシェードなら目隠しの位置が簡単に調整できます。

すだれ

視線が気になるのが中央だけなら中央だけ設置して上と下はあけておきます。

そして、できるなら窓から離した外側に設置してみてください。そのほうがすだれやシェードが光を受けて明るさが増します。

目隠しシェード

ここは以前すだれを掛けていましたが、このシェードにしたら目隠し効果はそのままに部屋の中がとても明るくなりました。
日差し除けの効果はすだれに劣りますが、より明るく目隠しをしたい時にはおすすめです。(写真は部屋が真っ暗に映ってしまってまね)

アイテムの効果を最大限に生かせすために必要なこと。

ここまでで暗い部屋にだいぶ光を取り込めたと思います。最後にその設置したアイテムの効果を最大にするために必要なことを説明します。

 

・床が暗い色の場合には明るめのカーペットを敷く

床が暗い色の場合は明るめのカーペットを敷きましょう。

外から光を取り込んでも、床が暗いと光が吸収されてしまって部屋全体が明るくなりません。

その時は中心だけに敷くよりも床全体に敷いてしまったほうがよいです。そうすることで部屋の隅々まで光がいき届きます。

・カーテンはなるべく白、家具は明るめのものを選ぶ

カーテンや家具は明るめのものを選びましょう。

特にカーテンは面積が大きいので白だと一番光の反射効果が高いです。閉めた時にも軽やかで光を透し、しかも保温性も高いリネ
ン素材などおすすめです。

また今ある家具を明るい色味の家具に買い替えるものよいでしょう。
ただ明るい色は膨張色なので無理にすべてを明るい色にしないくてもいいです。

部屋の中心に明るい家具があると明るくなっても、部屋が狭く見えてしまうことがありますので、そのあたりはバランスをみて決めてください。

最後に

いかがでしたか?

暗い部屋に光を取り込んで、部屋が明るく生まれ変わるイメージが湧きましたか?

「部屋が暗いから」と諦めずに少しずつ実践してみてくださいね。

明るく快適になった部屋であなたがいい気分で暮らせることを願っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。