【超簡単!】100均ポスターフレームを使ったフェイク窓の作り方。

窓辺の観葉植物
壁に素敵な窓がほしいけれどフェイク窓ポスターはなんか味気ない。
できれば簡単に安くフェイク窓を作りたい。
可愛らしいものじゃなくて、アート的なフェイク窓がいいな~

こんにちはruruです。

インテリアを考えるうえで窓ってとても大事ですよね。窓があると解放感がありますし、外の自然な風景それ自体がアートです。

しかし現代は、窓があっても隣家の壁!窓があっても自分の見たい風景ではない!そんなことも多いかと思います。

それだったら、自分の本当に見たい風景を窓と共に作ってしまいましょう

ということで、今回はそんな願いを叶えるフェイク窓を、100均のポスターフレームで安く簡単に作る方法をご紹介いたします。

【超簡単!】100均ポスターフレームを使ったフェイク窓の作り方。

100均で作ったフェイク窓

 

100均のポスターフレームを使ったフェイク窓を作るのに必要なものはこの3つです。

1、100均のポスターフレーム

2、瞬間接着剤と画鋲

3、お気に入りの写真や絵(または壁紙)

順番に説明します。

1、100均のポスターフレーム

フレーム

ポスターフレームは一番軽いタイプ(裏の留め金が爪になっていて曲げるだけのタイプ)にします。

大きさは作りたい窓の大きさにもよりますが、A4サイズかA3サイズのものがバランスがいいかと思います。

フレームの色も色々あると思うので(そのまま使うので)インテリアに合う気に入った色を購入してください。

ちなみに私はA4のポスターフレーム、色は黒を選びました。

枚数は作る窓の大きさに合わせて、4枚、6枚、9枚 とお好みで。

 

2、瞬間接着剤と画鋲

瞬間接着剤と画鋲も100均で買えますね。ちなみに画鋲は4つしか使いません。

もう大体作り方はお察しでしょうが(汗)

はい、ポスターフレームを瞬間接着剤でくっつけて、四隅に画鋲もくっつけちゃってください。

瞬間接着剤は、飾る面のフレームにはみ出すと変色するので(黒だと特に目立ちやすいです)注意して塗ってください。

※もし瞬間接着剤では心もとなければ100均のグルーガンというものでも大丈夫かと。。。想像なのですみません。

 

3、お気に入りの写真や絵(または壁紙)

お気に入りの絵や風景写真がありましたら、それをコンビニのコピー機でポスターサイズに拡大コピーします。

最終的なポスターサイズによってA3サイズやA4サイズで複数枚に分かれて印刷されるので、切り貼りしてポスターに仕上げます。

ポスターサイズに拡大コピーをする時の注意点としては、出来上がったフェイク窓の寸法を測って、それよりも大きなポスターサイズに拡大コピーしてください。そして余分なところを切り取る感じです。

今のコピー機は性能がよく色もよく出るようですのでフェイク窓の中に入れる風景なら十分かと。1000円以内で作れます。

 

あと他の方法としては壁紙を利用する方法があります。今は有名絵画を模した壁紙が多数あり、これらの壁紙を使うと気軽に自宅に有名絵画を飾れます。

わが家のフェイク窓の中身も壁紙です。私が購入したこちらの壁紙は、縦横サイズを10cm単位で指定できますのでフェイク窓に合わせるのが簡単です。

しかしお値段はそれなりにしてしまいます。もし、気に入った壁紙を見つけた場合には壁紙の利用もおすすめです。
>>輸入 カスタム壁紙 貼ってはがせるフリース壁紙(不織布) 壁紙屋本舗

 

フェイク窓の仕上げ

最後にフェイク窓の仕上げをします。

フレームからはみ出さないサイズにカットしたポスターや壁紙を壁に貼り付けます。その上からこのフレームをパカっと被せ四隅の画鋲を壁に差し込めば、お気に入りの風景のみえるフェイク窓の出来上がりとなります。

100均で作るフェイク窓

海外ではこんな格子窓がとても多いですね。

 

終わりに

いかかでしたか?

ペンキで塗ったり取っ手を付けたりの作業なしの簡単仕様ですが、その分大きくつくることで存在感のあるフェイク窓になっているのではないでしょうか?

わが家の場合、悲しいことにこのリビングからは空が一切見えないので、いつも眺めていたい空の色とそこに見え隠れする木々の花をフェイク窓で引き寄せました。

もとが大好きなゴッホの絵画(一部を切り取りました)ですのでフェイク窓でありながらもアート要素が加わり、わが家のリビングに華を添えてくれています。

他にも気に入っている壁紙や写真あるので、いつの日かこれに飽きるようなことがあったら入れ替えてみようと考えています。

気軽に着せ替え出来るのがこのフェイク窓の魅力でもあります。

あなたがお気に入りの風景が見える窓を眺め、いつもいい気分で暮らせることを願っています!

最後までお読みいただきありがとうございました。