爪が割れる!二枚爪の『本当』の原因と治し方。

 

二枚爪。本当に嫌ですよね。

そう言う私も、長いこと二枚爪には悩まされてきました。最終的には缶詰のプルトップをつまみ上げることすらできないほど、私の爪は薄く、爪先はズタボロでした。

そう過去形。

なぜなら・・・お蔭さまですっかり治り、しっかりとした爪に生まれ変わりました。

完治した二枚爪

もともと私の爪は丸い形なので、いまいち写真映えしないのが残念です(汗)

 

まず爪が割れる原因(二枚爪)は 乾燥・栄養不足・外的衝撃といわれています。

が、私の場合・・・

・乾燥

二枚爪になる前となってからの生活環境はとくに変化しておらず、またいくら保湿クリームを塗っても私の爪は無残にも割れ剥がれ落ちました。

・栄養不足

健康のことを考え普段から野菜を中心に、タンパク質もそれなりに食べていました。どう考えても世間一般の人より私の食生活が劣悪だったとは思えません。

ただ少し鉄分不足ではあるかも?ということで、二枚爪になってからは機能性補助食品でせっせと鉄分補給を心がけましたが、効果はありませんでした。

・外的衝撃

特別強い衝撃を加えたわけでもなく、だれでも行う日常生活の些細な衝撃でも私の爪にはすぐに割れてしまう状態でした。

対処法としてよく言われている、爪を保護するマニュキュア塗る・爪は切らずにるヤスリを使う・除光液を使い過ぎない・・・等々ありますが、やれるもあり、やってられないものもある(笑)

 

 

で、二枚爪がすっかり治った私が今振り返って思うことは・・・

これら対処法で太刀打ちできるほど、二枚爪は甘くないっ!もしそのような対処策で改善するなら、それはきっと二枚爪ではない別の何かです!

と・・・前置きが長くなりましたが、

誰も教えてくれなかった、なぜかどこにも書いていない二枚爪の本当の原因と治し方を発表したいとおもいます。

二枚爪の原因それは・・・

驚くことなかれ・・・

小麦稲穂

小麦。

そして二枚爪に悩み続けているあなたはきっと『グルテン不耐性』。

私は医者ではないので断言してはいけなかもですが・・・少なくても私の二枚爪の原因は小麦だったと断言できます。

グルテン不耐性とは、簡単にいうと

小麦成分のひとつであるグルテンを腸でうまく消化できない人のこと。

グルテンをうまく消化できない人の腸は、消化できなかった粘着性のあるグルテンが腸壁にこびりつき、そのグルテンが悪さをし腸壁に小さな穴が開いてしまっているそうです。腸は食物の栄養を吸収することができる唯一の臓器。そんな傷ついた腸では、ろくに栄養素を吸収することはできません。

そうなのです、

せっせと摂取していた鉄分も、まさにドブに捨てていたようなものです(汗)

これが、ごく人並みの食生活を送っていたはずの(いや、厳密には少しダイエットをしないとと思っていたほど過食気味だった)私が、爪がズタボロになるほどの栄養不足に陥っていっていた原因でした。

結局は、爪が割れる原因にあげられていた『栄養不足』は正解ではあります。しかし口から十分に栄養を摂取していても、その先にある腸からきちんと体の中へ吸収されていなかった、というサイレント栄養不足なのでありました。←普通ではなかなか気づけないです。

ということで、本当の原因が判れば治し方は簡単。

食生活から『小麦』を除去し、さらに体の修復材料であるタンパク質(お肉・卵)を積極的に摂取しましょう。そうすれば3ヶ月~1年以内には健康な爪に生まれ変わってくると思われます。

↑なぜ完治期間にこんなに開きがあるかといいますと、人によって栄養不足だった期間や栄養不足の度合の違いがありますし、食生活から小麦をどれだけ除去できたか&体の修復速度の差があります。

そしてきちんと吸収された栄養はまず、生命にかかわる臓器やらなんやらの修復にいの一番に使われます。生命にとくに緊急性のない爪や髪の修復がおこなわれるのは一番最後。なので小麦を除去したからと言って、一週間やそこらで治るという即効性はありません。

私の場合も、まず体調に変化が現われました。

原因不明の慢性疲労感が抜け、原因不明の重度の貧血(ひどい立ち眩み)が治り、原因不明の頭痛が治り、原因不明のの肌荒れが治り・・・等々。今まで歳のせいと諦めていた体の様々な不調があれよあれよと次々に改善していく様子に驚き喜び浮かれていました。(汗)なので実は、私の二枚爪がいつの時点で治ったのかは、よくわかっていません。

ある日気が付いたら、『あれ、二枚爪もいつの間にか治ってた~!』状態でした。

即効性は期待せず、他の不調が治っていく変化を喜びながら、気長に小麦除去に取り組みましょう。

その小麦除去ですが、完璧主義的にガチガチにやると、今の世の中では食べられるものの選択肢が限られてしまいます。

なので、とりあえず主食級の小麦粉製品(パン・ピサ・パスタ・ラーメン・うどん・そうめん・蕎麦(十割蕎麦はOK))をやめてみることから始めてみてください。その他の小麦粉を使った餃子、春巻き、カツ、ケーキ、クッキーなどは今までよりも控え目にすれば食べても大丈夫。また、私はお酒を飲まないので知らなかったですが、麦芽を使ったビールにもグルテンは含まれるようなので、お酒好きな方は注意してください。

もちろん人とのお付き合いで除去しづらい時は、量に気をつけなが摂取してもよい!というくらいのゆるさでやってみてください。(完璧よりも続けることが大切です)

少しゆるくても、気をつけているだけで今までよりはかなりもグルテン摂取量は抑えられます。すると破壊されていた腸が修復され、同時に栄養の吸収が良くなるのでほかの不調も治っていき、いずれは二枚爪も必ず治ります。

小麦除去なんて絶対に無理!と思いますか?いえ、大丈夫です。パンやパスタが大好きだった私でも上記程度の『ゆる小麦除去』をもう2年近く続けています。なぜなら・・・一ヶ月もすると

体調がすこぶるよい幸せ > 小麦粉製品を食べる幸せ

となるので、意外と続けられるものです。

せめて本来の美しい爪を取り戻すまでの期間だけでも、続けてみてはいかがでしょうか?