窓からの冷気対策を簡単&おしゃれにする方法best3

窓から落ちてくる冷気、底冷えして寒いですよね~
我が家は、築50年近くなる古い家なのでなおさらです。

窓辺

二重窓に憧れますが価格が高くて手が出ません(涙)しかもよく考えたら、壁に(床も天井も)ろくな断熱材が入っていない昔の家です。窓だけ二重にしたところでどうしようもないことに気がつきました。

なので、なるべく簡単にしかもオシャレに!(←これ大事)窓からの冷気を防ぐ方法を考えました。
まずは、実際に我が家で試してみた『簡単・おしゃれな冷気対策』を2つご紹介いたします。

1.窓辺にお気に入りのクッションを並べる。

冷気対策(クッション)

お気に入りのクッション&厚みたっぷりで、見た目&機能は抜群です。
ただ!掃除機をかける時にいちいちクッションを動かさないといけないのが面倒で掃除を怠りがちに~(汗)
すると案の定、窓に立てかけたままずっと放置していたクッションは、結露で濡れてしまう事態に!

その解決策としては・・・

・クッションを直接窓に立てかけるのではなく、クッションで隠れる高さに突っ張り棒を一本渡す。その突っ張り棒にクッションを立てかければ、窓に直接触れないのでクッションが結露で濡れることはなくなる。また、雨戸シャッターの開け閉めもラクになりますね~

・掃除の時も、突っ張り棒の上に一時的にクッションを避難させられるので、お掃除がししやすくなる。

・大きめのクッションや座布団なら、もう少し上まで冷気の侵入をカバーできるので試す価値あり。

2.透明ビニールシートの室内カーテンを設置する。


省エネ冷気ストップライナー超透明L

このような既製品もありますが、私は自作しました。

良い点は、外の明るさと景色を余すことなく感じることができる。
悪かった点は、カーテンレールに取り付けたため、ビニールシートの重さで要所要所が歪んでしまったことと、やはりどうしてもビニール感満載で、決してオシャレとは言えったこととなかったこと。

改善点としては・・・

・わざわざカーテンレールに取り付ける必要はない。上部に棒を渡して、ピンと張った一枚シートとして設置すれば歪みなくスッキリしたはず。

・ビニールシートは中途半端な厚みではなく、しっかりした厚みのものの方がビニール感も薄れ、断熱効果もより高くなる。

・ゆえに同じビニール素材を使用するなら、このようなしっかりとした製品を購入してしまうのが得策。

 

 

以上の2つが、今まで我が家で行ってきた冷気対策です。この記事を書くにあたって、急に思いついた改善点も書きましたので、それをふまえた上で、気に入るものがあったら試してみてくださいね。

それでは・・・

私が今年新たに考えた『簡単・おしゃれな冷気対策』を発表いたします!

3.下部だけカーテンを設置する。

 

窓からの冷気対策
なんかいきなりゴージャス感のある窓辺に変身しました。←そんなこと思っているのは私だけ!?(笑)

突っ張り棒+リネンシーツで作ってみました。

リネンシーツとはどういうことかと申しますと・・・

我が家のカーテン類は、ほぼすべて『リネン素材のフラットシーツ』を利用しているので、下部カーテンも同じシーツを使用した次第です。

作り方は説明するまでもありません。
リネンシーツを縦半分に切り、切った端を突っ張り棒を通せるくらいの太さに折って縫うだけの簡単仕様。下部と両端は、シーツで処理済みなのでラクチンです。

直線縫い

リネン(麻)って、実は空気をたくさん含んでいる素材なので、結構な断熱効果があるのです。なので夏は涼しく、冬は意外にも暖か。

それでいて、薄く軽やかなため陽差しも入り、(写真では少しわかりづらいですが)窓の外の景色もうっすらと確認できるので閉塞感はありません。

しかも、掃除もラク、見た目も私的には『美しくオシャレ感あり』に映っていますが(笑)どうでしょうか~?

本格的に寒くなったら、カーテンも閉めてしまえば窓下部がリネンによって2重にガードされます。ここでも自然な空気の層ができるので、より効果があるのではないか?と期待しています。

とりあえず今年はこれで様子をみてみます。

洗濯するほどに柔らかく風合いを増すリネン素材、加えて縫う手間が省けるリネンシーツ。

利用しない手はありません。