一番簡単なドライヤー収納方法。『自遊自在コイル』でなんとかなった!

ドライヤーって機能はどんどん改良されていきますが、多くの人が一番困っている収納のこと、まったく考えてくれていませんよね(汗)

例えば・・・わが家のドライヤー。

ドライヤー

一応、収納するときに引掛けることのできるフック穴はあります。この穴を利用して収納すると・・・こうなります。

ドライヤー収納フック穴

悪くはないですが、これですと使うために手に取るにも戻すにもいちいち一度持ち替えないといけないです。←それくらいいいだろう。。。という声が聞こえてきますが・・・(笑)

私はこの無意味なひと手間が

嫌なのです。

ということで、ドライヤーを使うにも戻すにもワンアクションで済む最適な場所にフック穴を作りました。

これがここ。

ドライヤー 収納フック穴取り付け

近くでみるとこんな感じ。

ドライヤー 収納フック穴取り付け

自由自在に曲げることのできる針金を駆使し、なんとか理想の場所にフック穴を作製しました。

この場所にフック穴があれば・・・・

ドライヤー使用時と全く同じように取っ手を持ち使い、終わればそのまま引掛け戻すことができます。

ドライヤー収納のために、いちいち持ち替えるという作業が私の人生からなくなりました~

しかもフック穴がここであるの利点は、

収納したままで使用できるという点。

両手を使いカシガシと素早く乾かしたいときには最適なのです。

ドライヤー 収納フック穴取り付け

ちなみに~

わが家はドライヤーのコードも まとめません。

今までは、床までダラーンと伸ばしておりましたが、猫がじゃれるようになったので猫の手の届かないように、フックにひと巻きしてダラーンと。

この収納アイデア。以前は細い針金しかなかったので、フック穴の性能も見た目も正直それなりだったです。

しかし、今はこんなに素敵で便利なコイルが登場し太さも色も色々あるので、自分のスボラ具合ライフスタイルに合わせた収納フック穴を簡単にオシャレに(?)作ることができます。

ドライヤーに最初からこの位置のホルダーが付いていればいいのに(オプションでも)と思いつつ・・・

ドライヤーの収納なんとかしたーい!問題

これにて解決です。