一瞬でダイエット中の空腹感がなくなりマイナス3㎏を実現させる方法

こんにちは、ruruです。

ダイエット中の空腹感ってつらいですよね。

食欲と戦いながら食事の量を減らすことは強い意志がないとなかなかできません。

そこでそんなに強い意志を発動させなくても、痩せたいと思う気持ちがあればできる簡単な方法をご紹介したいと思います。

かつて運動なしの少食で、100日間で8㎏のダイエットを成功させた私が保証するダイエット方法です。

もしよかったらお読みください。

 

空腹感を一瞬でなくすために必要なもの

空腹感を一瞬でなくすために必要なものはただひとつ。

こんな感じの『ウエストニッパー』です。

ウエストニッパー

ウエストニッパーとは、体型補正のために使うものです。産後とかお腹を引っ込めたいとかとか・・・

でも今回はこのウエストニッパーをわりときつめの状態で装着します。そうです強制的に『お腹きつい感』をつくり『なんだかわからないけれどもうお腹がいっぱ~い』指令を脳におくり続けるダイエット法です。

 

ウエストニッパーならどれでもよい?

補正下着やウエストニッパーは種類がたくさんありますが、一番シンプルなこのようなものが使用にストレスがなくていいと思います。装着が複雑で面倒だと長続きません。

ウエストニッパーのサイズ選び

ウエストニッパーは伸びる素材でできていることが多いです。私の購入した商品のレビューにも伸びるので小さめがいいと書いてあったので、一番小さいSサイズものを購入してみました。

しかしそれでも装着してみるとやはりラクラクと横に伸びるため、私のイメージする『満腹感ダイエット』に使うにはお直しが必要でした。

ウエストニッパーの改良

サイズ調整も視野に入れ、シンプルな作りのウエストニッパーのを選んだので、簡単に自分オリジナルサイズのウエストニッパーに直せます。

ウエストニッパー 調整

まずは、ある程度のところに目星をつけて、ミシンのジグザグ縫いの一番間隔が狭いもので強力に端から端まで縫い付け

ウエストニッパー 調整

あとは余分なところは切り落とします。

※この分量はちょっと大胆に詰め過ぎました(汗)ただゴムは少しずつ伸びるのでここまでではなくとも最初は少しきつめでもいいかもです。(伸びる度に調整し直すのは面倒なので)

私は2枚セットのものを購入したので、このストイックなものと、あと一つはすこし余裕があるサイズにして作ってみました。これがのちに功をなしました。

改良ウエストニッパーのつけ心地

改良して少しきつめなのですがメッシュ構造になっているのでそこまで蒸れることはなく快適です。ウエストニッパーをつけていると自然と姿勢が良くなります。

詰め過ぎて装着に不安がありましたが、伸びる素材のおかげでホック止めも意外とすんなり留めることができました。

ダイエット効果

私は実際このウエストニッパーを付けている時は食欲が減退します。ウエストニッパーのレビューでも食べ過ぎ防止に使っている方もいるようです。

食べても少しの量で満足します。なぜならお腹はもう既にパンパンだし、胸は(恋をしている時のように)いっぱいだし、と、なにかとても懐かしい感覚も体験できます(笑)

特に2枚をセットで使うと一度に胴体から下腹部全てを締め付けることができますのでより効果的。また胸のすぐ下からの装着になるのでバストアップも期待できます。

もしずっと装着するのがつらい方は、空腹感が襲ってきた時に装着して空腹感が去ったら外す感じでも大丈夫と思います。空腹感には波があり去ってしまえば治まるからです。

こんな感じで否が応でもしばらく少食を続けていけば、現実的に胃が小さくなってきます。そうなればウエストニッパーを外してしまっても辛い空腹感に苦しめられることなく、人によっては1ヶ月で2~3㎏の減量はラクにできることでしょう

なぜってダイエットはまず最初に胃を小さくしてしまうのが実は一番ラクな方法だからです。←経験者は語る。

 

まとめ

いかかでしたか?

西洋の昔の女性もコルセットでウエストをぎゅうぎゅうに締め上げていました。あれも食事は少ししか食べられなかっただろうな、と想像できます。日本の女性も着物の帯がたぶんきつかったですね。

ひょっとすると、現代女性のお腹は開放的すぎるのかもしれません。

今回は私がちょっと太ってきたかな?という時にお手軽にしている方法をご紹介しました。もし試す場合には最初は装着する時間を調整するなりして、無理のない範囲で徐々に締め付けに慣れていくようにしてください。

あと食事は必ず栄養のあるタンパク質を中心に食べてくださいね。きれいに痩せられます。

ではでは、快適なダイエットライフを!

最後までお読みいただきありがとうございました。